ネコでもわかる照明の部屋 > 基礎知識 > 灯体の知識 > 灯体の知識(2)

灯体の知識(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

フラッドライト類

ボーダーライト

フラッドライトとは、スポットライトとは違ってレンズのついていない灯体のことを言う。スポットライト類に比べると、使い方が限定されているものがほとんど。
ボーダーライトは、舞台を均一に照らすライト。演劇では普段は使用されず、「作業灯」として使われるぐらいである。吊り位置は固定されており、フォーカスの調節などが出来ないため、あまり汎用性がない。ただ、多くの場合に色が数種類入っているので、色の組み合わせ次第でいろいろな色を出せる。よく入っているのが、ナマ、ブルー系。

ホリゾントライト

アッパーホリゾントライトとロアーホリゾントライトがあるが、どちらも構造は同じようなもの。3系統から4系統ほどの色の組み合わせで成り立っているフラッドライトである。(大きな劇場ではもっともっと色の系統が多い。)
舞台奥にあるホリゾント幕を染めるために使用される。

灯体の知識(1)へ戻る

灯体の知識(3)へ進む

ネコでもわかる照明の部屋 > 基礎知識 > 灯体の知識 > 灯体の知識(2)

バレエ発表会アドバイス
認知症予防

Return to page top